研修一覧

「ポテンシャル引き出し型」創業計画の策定支援 ~創業者から信頼されるために~

開催日時 2020年10月25日(日) 13:00 ~ 17:15
エリア 関東
会場 東京六本木会場(katanaオフィス六本木・8階会議室)

「ポテンシャル引き出し型」創業計画の策定支援 ~創業者から信頼されるために~

企業数が減少する中、創業希望者の大きな壁になっているのが、計画立案。
中小企業診断士による創業計画策定支援は、創業予定者はもとより支援機関からも必要とされています。
創業者のポテンシャルを引き出し、事業開始後も本当に役立つ創業計画を立てることを念頭に、本研修では創業者のポテンシャルを引き出すオリジナルシートを用いたロールプレイによるワークから普段実行されている創業支援にもう一つのアイデアを共有します。

1.創業者特性と診断士の在り方(30分)
  創業支援の現状を、白書と現場の実情を交えて共有します。そのうえで、スモールビジネスの創業者特性を共有し、中小企業診断士による支援ニーズを考えていきます。
2.支援シートを活用した「ポテンシャル引き出し型」創業計画支援(2時間30分)
創業計画書は、融資や補助金・ビジネスコンテストのためになければならないものですが、創業事業を継続させるためには創業者自身が随時振り返り修正する、という息をもったものと私は考えます。
そこで中小企業診断士には、経営支援の経験を基にしたコンサルティングに加え、創業者の事業をご自身から作り上げていただく「ポテンシャルの抽出」が期待されていると考えます。その為にポテンシャル引き出し型創業支援シートを6段階のステップでの活用法を、創業者役と診断士役でロールプレイによって実践いただきます。
*創業者支援「ポテンシャル引き出し」創業支援シート

1)創業動機シート: 創業希望者の「目標」を引き出す
2)ビジネス環境抽出シート: 自社の「ウリ」を引き出す
3)ビジネスモデルシート: ウリを現実化する「ビジネスモデル」を引き出す
4)販促シート: 商品サービスの良さを伝える「販促手段」を引き出す
5)損益・資金シート:利益と資金を見える化し、ビジネス実現への「確信」を引き出す

応用研修:会社が笑顔であふれる働き方改革 ~働き方改革と労働生産性向上をつなげる支援施策と中小企業診断士の在り方~

本研修では、働き方改革法の背景と中小企業における導入状況を確認します。そのうえで、労働生産性向上の観点から行政の支援施策と企業内での施策を共有することで、中小企業診断士がどのような助言を行うべきかを共有します。

中小企業の労働生産性は、依然として低い水準にあり、大企業との差異が拡大しつつあります。このような状態の改善がないまま働き方改革法に従い、見かけ上は労働環境が改善しても、企業全体の働く質は改善せず、会社から笑顔が消えていくでしょう。
本来、中小企業の働き方改革法への対応は社会保険労務士が中心になって対応しますが、中小企業診断士の領域である労働生産性の本質的改善が重要です。
そこで、本研修では、働き方改革の背景として現在と将来の中小企業の労働生産性を概観したうえで、労働生産性の高い企業にみられる特徴を提示します。そのうえで、労働生産性を伸ばすための中小企業施策及び利用事例を共有します。

1.働き方改革の背景としての労働生産性の現状と動向(20分)
  中小企業の生産性並びに雇用情勢からみる人手不足感について概観し、大企業と互角あるいは勝る生産性を示す中小企業の方策を白書から読み取る。
 
2.労働生産性向上に中小企業診断士として取り組む施策の動向(40分)
  生産性向上のための業界別、テーマ別の中小企業施策および活用事例を共有する。

お申し込み

* 研修開催5営業日前にお申し込みを締め切ります。お申し込み多数の場合は、締切日より前に締め切らせていただく場合がございます。
* 会場・時間など、通常のご連絡は事務局よりEメールでご連絡します。ただし当社が緊急性の高いお知らせと判断したもの(講師急病などによる休講・中止・当日の会場および時間変更・災害など)につきましては、SMS(ショートメッセージサービス)を利用しご連絡を差し上げることがございます。あらかじめご了承ください。
* 研修の中止・延期にともなう、会場までの旅費等の保証はいたしません。あらかじめご了承ください。
* お申し込みに必要な通信料などは、申込者のご負担とさせていただきます。

受付終了しました