研修一覧

リーンキャンパスを活用したスムーズなビジネス戦略作成 ~ 起業のビジネス戦略と企業内のビジネス戦略の違いとコツ~

開催日時 2020年10月24日(土) 10:00~14:15
エリア 関東
会場 東京六本木会場(katanaオフィス六本木・8階会議室)

リーンキャンパスを活用したスムーズなビジネス戦略作成 ~ 起業のビジネス戦略と企業内のビジネス戦略の違いとコツ~

古森 創

講師 : 古森 創

中小企業診断士試験の勉強や、その後の自己啓発を通じて、様々な戦略理論・マーケティング理論について理解しても、それらを活用して、実際に戦略を立案するとなると、「考えがまとまらない」、「難しい」といった声を多く聞きます。
本研修では、戦略立案ツールとして有名なリーンキャンパスを活用して、ビジネス戦略をスムーズに整理・提案・助言できるように、講義とワークショップを行います。


10:00~11:30  
リーンキャンパスの説明
リーンキャンパスを提唱したアッシュマウリャの著書 『Running Lean』の第3章をもとにしてリーンキャンバスについて説明します。
リーンキャンバスは9つの構築ブロックでビジネス戦略を考えるツールですが、1ブロックずつ書き方や考え方のポイントを解説します。
また、特定創業支援事業の一つ「起業家塾」の実務経験から学んだ個人が独立開業する場合の考え方と前職(ソニー株式会社)での新規事業立上げ経験や独立診断士としてコンサルティング実務から学んだ企業内(組織)でのビジネス戦略を立案する場合の考え方の違いやポイントについて説明します。
                                                      11:30~13:00
ワークショップ
4~5人のチームに分かれて、チームメンバーでコンサルティング会社をスタートさせるという想定で、リーンキャンパスを使ったビジネス戦略を議論・作成するワークショップです。
聞くだけでなく、実際に作成することで理解が深まります。
また、グループ内での議論と、グループ発表と意見交換を通じて、今までにない気づきを得られることが期待できます。

応用研修:中小企業白書を参考に考える起業家支援・後継経営者支援のポイント

令和1年度の中小企業白書では、「経営者の世代交代」というテーマで起業家および後継経営者の動向や課題が分析されています。ご存知のとおり、開業率の低さや中小企業の後継者育成は重要課題とされています。
本研修では、中小企業白書第2部、第2章「次世代の経営者の活躍」に焦点をあて、中小企業白書の解説と講師が創業塾やコンサルティング実務を通じて考える起業家(準備者を含む)支援・後継経営者支援のポイントについて解説します。


13:00~14:00  
中小企業白書を参考に考える起業家支援・後継経営者支援のポイント

1.起業家支援
・起業家(起業希望者・起業準備者)の推移
・起業家の起業分野
・起業理由
・起業家になるための課題と支援のポイント

2.後継経営者支援
・後継経営者の推移
・後継経営者の事業承継分野
・後継経営者の意向
・後継経営者の課題と支援のポイント

お申し込み

* 研修開催5営業日前にお申し込みを締め切ります。お申し込み多数の場合は、締切日より前に締め切らせていただく場合がございます。
* 会場・時間など、通常のご連絡は事務局よりEメールでご連絡します。ただし当社が緊急性の高いお知らせと判断したもの(講師急病などによる休講・中止・当日の会場および時間変更・災害など)につきましては、SMS(ショートメッセージサービス)を利用しご連絡を差し上げることがございます。あらかじめご了承ください。
* 研修の中止・延期にともなう、会場までの旅費等の保証はいたしません。あらかじめご了承ください。
* お申し込みに必要な通信料などは、申込者のご負担とさせていただきます。

お申し込み