研修一覧

高付加価値型店舗へ!小売業支援の手法

開催日時 2023年03月04日(土) 13:00~17:15
エリア 関東
会場 東京六本木会場(katanaオフィス六本木・8階会議室)

高付加価値型店舗へ!小売業支援の手法

菊地 亮太

講師 : 菊地 亮太

<研修概要>
小規模小売業者は、バイイングパワーで大手企業に負けてしまうため、価格勝負では生き残ることができません。高付加価値型の商売が生き残りの鍵です。高付加価値型店舗に必要な支援ノウハウをお伝えします


<研修内容>
1.ストアコンセプトを明確にする(30分)
高付加価値型店舗への第一歩は、ストアコンセプトの再構築です。クライアントの強みを活かしながら、勝てるコンセプトの作り方をお伝えします。

2. 販売促進の手段を理解する(30分)
コンセプトを顧客に適切に伝え、共感してもらえなければ、売上にはつながりません。顧客とのコミュニケーションの取り方をお伝えします。

3. 接客力を強化する(30分)
小規模小売業において、「人で売る」ことの比重は高いです。顧客と良好な関係を築くための接客方法をお伝えします。

4. 陳列を改善する(30分)
小規模小売業者では、人手が足りなくて、接客まで手が回らないということもあります。その場合には、陳列を中心としたインストアマーチャンダイジングを強化する必要があります。売れる売り場の作り方をお伝えします。

5. チラシやHPを改善する(30分)
良い店作りができたら、後は周知を徹底して、来店客数を増やすのみです。来店を促す販売促進の行い方をお伝えします。

6.事例紹介・ワークショップ(30分)
実際の改善事例などを踏まえて、価値訴求の方法を考えるワークショップを行います。
※適宜、改善事例を写真なども交えて紹介します。
※双方向で考える研修とします。

応用研修:中小企業白書から見る中小企業経営支援の実態と今後について

経済産業省予算、白書、施策ハンドブック等から中小企業施策の動向を踏まえ、今年度ポイントとなる施策や、中小企業診断士が実際に支援する立場として重要と認められる施策、過去の活用施策について、中小企業施策統一テキストを用いて解説し演習を行う。


<研修内容>
中小企業経営支援の実態と今後
日本政府が政策課題として掲げる項目・テーマの変遷と、それに対応する各種施策の歴史について紹介していく。その上で、現在支援策として掲げられている各テーマが成立した背景や、目指す目的などについて解説する。
当職の偏見に偏らないよう、内容は公表された資料からの抜粋を中心とし、解説についても私見や類推をはさまないよう、留意し進める。中小企業のライフサイクルにおける起業・創業期から廃業、事業承継に活用できる制度(制度融資、支援施策、補助金等)についてケーススタディで学ぶ

お申し込み

* 研修開催5営業日前にお申し込みを締め切ります。お申し込み多数の場合は、締切日より前に締め切らせていただく場合がございます。
* 会場・時間など、通常のご連絡は事務局よりEメールでご連絡します。ただし当社が緊急性の高いお知らせと判断したもの(講師急病などによる休講・中止・当日の会場および時間変更・災害など)につきましては、SMS(ショートメッセージサービス)を利用しご連絡を差し上げることがございます。あらかじめご了承ください。
* 研修の中止・延期にともなう、会場までの旅費等の保証はいたしません。あらかじめご了承ください。
* お申し込みに必要な通信料などは、申込者のご負担とさせていただきます。

お申し込み