研修一覧

診断士の必須スキル「伝わる文章の書き方」を学ぶ

開催日時 2023年03月21日(火) 13:00~17:20
エリア Zoomによるオンライン研修
受講方法 オンライン受講環境について

診断士の必須スキル「伝わる文章の書き方」を学ぶ

今澤 尚久

講師 : 今澤 尚久

<研修概要>
「診る力」「話す力」と並んで中小企業診断士に必要な力とされる「書く力」。
経営診断報告書や補助金申請書の作成支援など、診断士が書く力を要求される場面は多いが、残念ながら専門に学ぶ機会は少ない。
本研修では企業支援に活かせる診断士の必須スキルとして、論理的でわかりやすい「伝わる文章の書き方」を体系的に学ぶことを目的とする。


<研修内容>
診断報告や補助金申請支援の際に必要となる、
論理的でわかりやすい「伝わる文章の書き方」を学びます。

・報告書の基本
 - 報告書には目的がある
 - 要求事項を抑える
 - 報告書の作成ステップ
・わかりやすい報告書のポイント
 - 表題とリード文で概要を伝える
 - 見出しと文のかたまり
 - 構成のフレームワークを利用する
・伝わる文章の書き方
 - 一文の長さを短くする
 - 同じ言葉は省く
 - わかりやすい表現にする

応用研修:中小企業白書から見る中小企業経営支援の実態と今後について

<研修概要>
経済産業省予算、白書、施策ハンドブック等から中小企業施策の動向を踏まえ、今年度ポイントとなる施策や、中小企業診断士が実際に支援する立場として重要と認められる施策、過去の活用施策について、中小企業施策統一テキストを用いて解説し演習を行う

<研修内容>
中小企業経営支援の実態と今後
日本政府が政策課題として掲げる項目・テーマの変遷と、それに対応する各種施策について紹介していく。その上で、現在支援策として掲げられている各テーマが成立した背景や、目指す目的などについて解説する。

当職の偏見に偏らないよう、内容は公表された資料からの抜粋を中心とし、解説についても私見や類推をはさまないよう、留意し進める。中小企業のライフサイクルにおける起業・創業期から廃業、事業承継に活用できる制度(制度融資、支援施策、補助金等)についても学ぶ。

・令和4年度補正予算に見る中小企業・小規模事業者支援施策のポイント
・中小企業白書の読み方
・2022年版中小企業白書・小規模企業白書のポイント
 - 第一部 中小企業・小規模事業者の動向(定点観測部分)
 - 第二部 テーマ別分析(重点施策部分)
  ・中小企業における足下の感染症への対応
  ・感染症下の事業再構築
  ・企業の成長を促す経営力と組織(ブランド構築と人的資本投資)
  ・対応を迫られる外部環境(海外展開、グリーン、スタートアップ)
  ・共通基盤としての取引適正化とデジタル化

お申し込み

* 研修開催5営業日前にお申し込みを締め切ります。お申し込み多数の場合は、締切日より前に締め切らせていただく場合がございます。
* 会場・時間など、通常のご連絡は事務局よりEメールでご連絡します。ただし当社が緊急性の高いお知らせと判断したもの(講師急病などによる休講・中止・当日の会場および時間変更・災害など)につきましては、SMS(ショートメッセージサービス)を利用しご連絡を差し上げることがございます。あらかじめご了承ください。
* 研修の中止・延期にともなう、会場までの旅費等の保証はいたしません。あらかじめご了承ください。
* お申し込みに必要な通信料などは、申込者のご負担とさせていただきます。

オンライン研修をお申込みの際は必ずオンライン受講規約に同意してください。

また、オンライン受講環境についてもご確認いただき、お申し込みください。

同意して申し込む