研修一覧

中小企業におけるBtoG市場参入支援について

開催日時 2021年02月11日(木) 9:00~13:15
エリア 中部
会場 名古屋会場(タスクール)

中小企業におけるBtoG市場参入支援について

渡邉 智浩

講師 : 渡邉 智浩

20兆円を超えるBtoG(Business to Government)市場に対し、中小企業がどう進出するのか?その進出支援の仕方について、個人の起業支援だけでなく、地域での挑戦を支援する中で培ってきた実例を基に、講義と演習を行い学んでいただく。

<研修内容>
BtoG(Business to Government)ビジネスと言われる、「官公庁事業」について、公共事業に取り組みたい中小企業の支援に必要な事項を学びます。

(9:00~10:30)
・官公庁ビジネスとは?
 20兆円市場において中小企業が求められているもの
中小企業の活躍方法、中小企業受注案件の実例

・中小企業でも官公庁ビジネスに参入できるのか?
 中小企業における官公庁ビジネス参入方法、受注の魅力

・補助金・助成金の獲得支援とは全く違う?
 中小企業診断士が中小企業の官公庁ビジネスを支援する理由
中小企業診断士として関わり方

・官公庁案件の調査方法、競合調査方法とは?
デジタルとアナログ。デジタル時代の最新案件調査手法
 
・プロポーザルとコンペの違いとは?
 入札での勝率アップのためのコンサルティング手法と応用

(10:35~11:50)
・中小企業が大企業に勝つための案件選定、プロポーザル提案書作成(演習)

応用研修:中小企業白書から見る中小企業経営支援の実態と今後について

経済産業省予算、白書、施策ハンドブック等から中小企業施策の動向を踏まえ、起業時に使用出来る補助金を中心に今年度ポイントとなる施策や、参加者の皆さんの立場から重要と認められる施策、過去の活用施策について解説し演習を行う

(12:00~13:15)
中小企業経営支援の実態と今後 
日本政府が政策課題として掲げる項目・テーマの変遷と、それに対応する各種施策の歴史について紹介していく。その上で、現在支援策として掲げられている各テーマが成立した背景や、目指す目的などについて解説する。
当職の偏見に偏らないよう、内容は公表された資料からの抜粋を中心とし、解説についても私見や類推をはさまないよう、留意し進める。中小企業のライフサイクルにおける起業・創業期から廃業、事業承継に活用できる制度(制度融資、支援施策、補助金等)についてケーススタディで学ぶ。

お申し込み

* 研修開催5営業日前にお申し込みを締め切ります。お申し込み多数の場合は、締切日より前に締め切らせていただく場合がございます。
* 会場・時間など、通常のご連絡は事務局よりEメールでご連絡します。ただし当社が緊急性の高いお知らせと判断したもの(講師急病などによる休講・中止・当日の会場および時間変更・災害など)につきましては、SMS(ショートメッセージサービス)を利用しご連絡を差し上げることがございます。あらかじめご了承ください。
* 研修の中止・延期にともなう、会場までの旅費等の保証はいたしません。あらかじめご了承ください。
* お申し込みに必要な通信料などは、申込者のご負担とさせていただきます。

お申し込み