研修一覧

人と組織を輝かせる診断士のための「人財育成コンサルティング」(オンライン研修)

開催日時 2020年07月29日(水) 13:00~17:20
エリア Zoomによるオンライン研修
受講方法 オンライン受講環境について
定員 定員のため受付終了

人と組織を輝かせる診断士のための「人財育成コンサルティング」(オンライン研修)

入江 元太

講師 : 入江 元太

人財育成の原理原則として、「主体性」「人間性」「専門性」という三本柱の伸ばし方について学びます。そしてその原理原則を活かした演習・アクションラーニングを行うことで、あなたの会社あるいは顧問先における人財育成の設計図を描きます。

●人財育成の原理原則
人財育成には、原理原則があります。人財育成で人の何を伸ばすのかというと、国が示す「資質・能力三本柱」でいう「専門性」「人間性」「主体性」を伸ばすことにあります。専門性は、OJT、Off-JT、SD(自己啓発)を組み合わせることで伸ばすことができます。人間性は、人として当たり前のこと、すなわち挨拶・返事・感謝・笑顔・プラス言葉・傾聴、整理・整頓・清掃、時を守る・約束を守るといったことの「実践」により伸ばすことができます。では、主体性はどう伸ばせばいいのでしょうか。
これが課題です。主体性とは、自ら考え、自ら判断し、自ら決定し、自ら動く力のことです。どうすれば人の主体性を伸ばすことができるのか。指示待ち、依存型ではなく、主体的、自律した人財はどうやったら育つのか。この課題の克服こそ、人財育成の原理原則といっても過言ではありません。
主体性を伸ばすには、どこに向かうのかという「理念」、どう行動するのかという「原則」、そしてなぜそこに向かうのかという「歴史」が必要だといいます。この「主体性」「人間性」「専門性」「理念」「歴史」を合わせて「人財育成五元論」と名付けました。この五元論について講義するとともに、五元論で人財が育った事例、会社がよくなった事例について講義します。

●人財育成の設計図を描く演習・アクションラーニング
この「人財育成の原理原則」を活用した演習・アクションラーニングを行います。これによりあなたの組織や会社、そして顧問先をよりよい組織にするための設計図を描くことができます。こうご期待ください。

応用研修:中小企業白書にみる人手不足の現状と人材育成の取組について

中小企業において深刻化する人手不足の現状について概観するととも に、人手不足の状況下で中小企業かいかに人材育成を行い成果を残しているかについて、白書の事例および講師が中小企業に行ってきた事例を講義します 。

●中小企業白書にみる人手不足の現状と人材育成の取組について
中小企業において深刻化する人手不足の現状について概観します。限られた人手で業務を回すための人材活用面での工夫として、多能工化・兼任化の取組や、アウトソーシングの活用、人材育成の取組があります。
人材育成の手段として、OJT、OFF-JT および企業による従業員への SD
(自己啓発)費用の支援があります。各企業においては、OJT を重視しつつも、OFF-JT と SD(自己啓発)費用支援の取組を積極化させています。人材育成の課題は、人材育成を行う時間がないことや、教える側、教え
られる側の人材不足などがあります。
とはいえ、人材育成に積極的に取り組んだ企業の大半は、労働生産性向上の効果を実感しています。各企業が、時間がない中でも自社の将来を見通して人材活用の工夫に取り組むことが、企業の成長のみならず、地域活性化、さらには国力向上につながります。
そこで、
・各企業が人材育成にどう取り組んだのか
・人材育成により、企業がどう変わったのかについての事例を講義します。

お申し込み

* 研修開催5営業日前にお申し込みを締め切ります。お申し込み多数の場合は、締切日より前に締め切らせていただく場合がございます。
* 会場・時間など、通常のご連絡は事務局よりEメールでご連絡します。ただし当社が緊急性の高いお知らせと判断したもの(講師急病などによる休講・中止・当日の会場および時間変更・災害など)につきましては、SMS(ショートメッセージサービス)を利用しご連絡を差し上げることがございます。あらかじめご了承ください。
* 研修の中止・延期にともなう、会場までの旅費等の保証はいたしません。あらかじめご了承ください。
* お申し込みに必要な通信料などは、申込者のご負担とさせていただきます。

受付終了しました